小鳥観察


冬になると小鳥を見るのが楽しいですね。

今朝はお散歩中に初めてベニマシコを見ました。
夏の間は北国ですごし、冬に関東に来る鳥らしいです。
この時期はメジロがなんといっても可愛い!
庭の椿の蜜を吸いにくるので、一番見やすい窓際のナツメの木にみかんを刺しておきます。すると毎日つがいがやってくるようになりました。
もちろん、ひよどりも来るのですが、ひよどりはみかんの房ごといっぺんに食べてしまうので、あっという間になくなります。
ちょっとかわいそうですが追い払います。
するとメジロも利口なので、人がいるとひよどりを追い払ってくれると理解して、むしろ寄ってきてくれます。
そうなったらしめたもの。
すぐ近くでスケッチできます。


なんせ動きが早いのでなかなか思うようには描けませんが、まあ可愛いこと可愛いこと。

夫婦にも個性があって、雄か雌か見分けがつかないのですが、どっちかが強くて自分が食べてる間はパートナーに全然食べさせない夫婦と、並んで仲良く食べる夫婦、なんだか不器用で変な体勢で食べる子もいます。
最近は片方が強い組がやはり気が強いようで、他の夫婦を追い払うようになってしまいました。
夫婦がきゅっとくっついてめじろ押し!してるのをみるとほんと、和みます。
この子たちも春になればどこかにいってしまうので、冬の間のお楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です