紫陽花を描く2020

梅雨明けが待ち遠しい毎日ですね。
紫陽花もだいぶ終わってきてしまいましたが、動画にしました。紫陽花を描きたいけれど難しいというお声をよく耳にします。細かいお花の集まりですから難しいというよりは根気がいる、といったかんじでしょうか。(笑)
これを見てくださっている方は基本的に描くことがお好きなのではないかと思うのですが、どこまで描くかですよね。
コロナ休みもようやく終わって教室が始まりましたので時間が切れ切れになり、
一気に描けなかったのですが、それを加味してもまあ時間がかかりました~!
その分冷静に描けたところはあるかもしれません。
夢中になって描くのも大切ですが時々客観的に自分の絵をみられるといいですね。(と自分に言い聞かせる)

仕上げに最近クサカベさんから出たばかりの新商品、シャインパールを使ってみました。
おそらく雲母だとおもうのですが、上品なキラキラ感の出る絵具です。
容器も化粧品みたいに可愛くてちょっとときめきます♪
画像では伝わりにくいのですがこの絵は角度によってキラキラします。
今回はブルーを使用しましたが、偏光色なんかも面白そう・・・

使用画材:ウォーターフォード水彩紙F10
透明水彩(シュミンケ・W&N・ホルベイン)
筆(不朽堂 長穂彩色(小)連筆5連
アルテージュアクアリスト#14)

*水彩色鉛筆(カランダッシュ INDIGO BLUE 139)
*クサカベ シャインパール(ブルー)https://a.r10.to/hImmQO

紫陽花を描く2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です