子宮筋腫の腹腔鏡手術体験談 2

前回はどうして筋腫に気づいたか、その後手術するまでどんな治療をしたかについて書きましたが、ここでは手術の準備について書こうと思います。これも女子向け記事になります!(笑)

まず、わたしの手術したのは2020年12月4日。
新型コロナの春の緊急事態宣言が解除とはなったけれどまたじわじわと陽性者が増えてきていた時期でした。
この時期の入院は病院によっていろいろ違いはあれど、基本的にお見舞いや付き添いはできない感じでした。
友人が緊急入院した病院は家族一人だけ病室に入れたそうですが、東京女子医大は全く入れず、手術の立ち合いもなし、基本的に病棟から出られないので売店にも行けません。
入院の3日前にPCR検査を行い、陰性であることを確認してからの入院となります。
術後4日で退院、つまり手術の前日に入院、手術、という流れになるので最低6日の入院になります。術後は重いものが持てなくなりますが、病棟から別棟の総合受付までは一人で移動することになるので旅行用トランクを持っていきました。
(持てない場合は看護師さんが手伝ってくれるそうですが)
荷物は軽いものだけにしてなるべく余計なものは持って行かない!
ということでまず必要不可欠なものから揃えます。
入院する前にどこの病院も「入院のしおり」的なものをくれると思います。
それをもとに・・・と思ったのですが、この病院ではパジャマのレンタルをするとほとんどみんな付いてきます。
パジャマ・タオル・バスタオル・歯ブラシ・マウスウォッシュ・蓋つきのコップとストロー・ボディーソープ・リンスインシャンプー・イヤホン・ティッシュ・お箸・スプーン
これらが付いて1日500円でした。
(ちなみに、食事のためのお箸やスプーン、以前は淹れてくださっていたお茶は
今現在コロナ対策で、自分で用意することになっています。)
自分のパジャマを持ってきている方も結構いらしてちょっぴりいいな、とも思ったのですが
荷物のことを考えるとパリパリのパジャマでも全然OK!
ごわごわタオル上等!
手術後、汚すこともあったのでどんどん着替えられるレンタルパジャマはとてもよかったです。
コロナのことがあったのでこのほかに除菌のウェットティッシュ、アルコールスプレーの小さいの、マスクは多めに持っていきました。
そのほかに上履き(ここではかかとのあるものでないといけなくて、クロックスもダメでした)がいりました。
この手術で必要なものとして

大人用紙おむつ
生理用品(夜用)

とあったのですが、これが一番かさばりましたがめっちゃ失敗しました。
おむつは叔母のがあったので1枚拝借したのですが、パンツタイプだったので使えず、おむつタイプを病院で出してもらいました。
別料金でしたが100円だったのでこれは正直病院で買ったほうがいいです。
病院の売店では2枚入りで売っていたようですが、1枚でいいんですよね・・・
手術直後1回しか使いません。
あと夜用ナプキンですが、これは子宮摘出の方は普通ので十分です。多分。
(筋腫だけ取る方は必要なのかもしれません。)
2日目くらいからは軽い日用かおりものシートでまめに変えたほうが衛生的かと。
私はそんなに出血しませんでした。

もうひとつ失敗したのが、昔骨折の手術で使った脚の血行を促すサポーターを持って行ったのですが、これは新品じゃないとダメだそうで、せっかく持って行ったのに新しいものをいただいたので使いませんでした。

あと、寒いと聞いたのですが、レルミナの副作用で暑がりになっていた私は全然寒くなかったです。マフラー兼肩掛けはちょっと使いましたが、レッグウォーマーとかもこもこ靴下とかカーディガンは全く使いませんでした。
人によるとは思いますが、もこもこグッズがかさばったのでここは厳選してもいいと思います。どうしても寒かったら毛布とかなにかしら借りられると思いますし。

あとあってよかったな、と思ったもの。
洗面用具や基礎化粧品は普通に持っていきますが、それプラスパックしてました。(笑)


乾燥はお肌の大敵!病院ってめっちゃ乾燥してますよね。
これはお値段お手頃だけどけっこうよいよ♪

あと、コマーシャルでみた夜用のしっとりマスクを買ってみました。
寝るときもマスクするって息苦しいんじゃないかと思ったのですが、これは少し楽。
お肌もしっとり。一石二鳥!


あとこれ、知ってます?


本当は小さい加湿器を持っていきたかったんだけど、電化製品はスマホとパソコン以外持ち込めないということだったので、これを持っていきました。
気化で加湿してくれる優れものです♪
飲み終わったペットボトルを切ってコップ代わりにして加湿。
心持ち楽だったような?
これは退院時、来月からやはり手術のため入院すると言ってた看護師さんにさしあげてきちゃいました。

あとリップクリーム、ハンドクリームは必須です!
特にコロナの影響で消毒回数や手洗い回数が多いのでハンドクリームは重宝しました。

あと下着ですが、ブラは私は寝るときノーブラ派なので行くときにしていったものだけ。
パジャマの下用に長袖のシャツは持っていきました。
パリパリパジャマだから気になりません!
で、ショーツですが、おへそちょっと下くらいの高さのところに5個穴が開きますので、そこにゴムがあたらないようにしなければなりません。
無印良品とユニクロと2種類買って行きました。
ボクサータイプのだとゴムがおへそよりずっと下になるので当たらないはず、と思ったのでどっちもボクサータイプ。
結果、新しく購入したのは悪くはないけど全然痛くないかというと微妙でした。
傷口に当たらないというのは鉄則だと思いますが、お腹全体がどこということなくぴりぴりと痛いような感じがしてゴムで締め付けれらるのがちょっと不快。
一番良かったのが夏から履いていたユニクロのエアリズムウルトラシームレスショーツ(ヒップハンガー)でした。

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E428750-000/00?colorDisplayCode=13

ゴムで止めるんじゃなくて、生地全体で支えるかんじ?
こういうのが楽です。
ちょっとくたびれてたのがかえってよかったのかもwww

あと、持っていけばよかったもの。
帽子かな。
髪がくしゃくしゃになるので、帰るときにかぶってごまかせる!(笑)
入院中はお互い様だけど、帰るときはね・・・

さて、次はいよいよ手術についてです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です