ベランダの姫

ベランダに所せましと並んだ植木鉢もずいぶんと華やかになってきました。
春ですねえ・・・。
節分草は小さな体の割には大きな種を重そうにささげもち
雪割草は金平糖のような種を落とし
しばらく香りで満たしてくれたヒヤシンスも今日ついに花を切りました。
今はアネモネと花かんざしが可愛い花を咲かせてくれています。
もう一つ、冬の間柔らかなピンクでいろどってくれたお花
ラナンキュラスがあります。

これね、ひとめぼれして買っちゃったんですよ。
はんなりとした優しいピンク色
光沢のある美しい花びら。
アリアドネという名前がついてました。
ギリシャ神話のアリアドネでしょうか。
テセウスに恋をして迷宮(ラビュリントス)に入る前に糸を渡して手助けした賢いお嬢さんは
裏切られて取り残され、豊穣と葡萄酒と酩酊の神バッカスのお嫁さんになったという。
これも何パターンかお話があって、バッカスが横恋慕してさらったとか
アルテミスに射殺されたとかいろいろあるようですね。
恋をして頬を染める乙女のようにも
お酒にほんのり酔っているようにも見える
可愛らしいお花です。
これももう終わって、あと1輪だけ咲かせてますがそろそろお休み。
夏越しが難しいようなので心して
来年も咲くように育てます!


ラナンキュラス ラックス(Ranunculus Rax series)
キンポウゲ科キンポウゲ属




ラックスというシリーズ名は、花弁が光ることから(ラナンキュラス+ワックス)という由来で名づけられました。
品種名はギリシャ神話に登場する名称から取っています。

ということらしいです。
なるほど。
アリアドネは一番人気らしいです。
ピンク色のラナンキュラスの花言葉「飾らない美しさ」

私が買ったのはこんなに高くなかったぞ・・・
季節によるのかな?
あ、送料も含まれてるのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です