薔薇を描く

なんだか雨が続いて、関東地方はまだ梅雨入りとの発表はありませんが
いかにも梅雨っぽいですね~。
爽やかな薔薇の季節は終わってしまったのでしょうか・・・
今年はなぜかアブラムシや毛虫の発生が少なく
薔薇たちの調子はかなりよかったです。
アブラムシが少ないのは去年からのような気がします。
大丈夫なのか気になるところではあります・・・
あの潰しても潰しても蕾にみっちり群がっていたあいつらはどこにいってしまったのでしょうか。
そしてあれを食べてくれてたテントウムシやカマキリの子供は大丈夫なのでしょうか。

ともあれ、薔薇は元気だったのでたくさんスケッチしました。

クー・ドゥ・クール F8水彩スケッチ

去年京成バラ園で新作として売られていたクー・ドゥ・クール。
花びら少なめで可憐。
淡いピンクの芯のほうは深紅で黄色いおしべと相まってなんとも可愛い色合い。
おまけにとても丈夫で1年で随分大きく育ってくれました。
四季咲きなので秋にも咲くのですが、微妙に春と色が違ったりしてそこもまた魅力♪

このあともっと咲いたのでもう一枚描いたのですが、まだ写真撮ってないの~。
描くのに忙しくて絵の管理のほうがおろそかになっちゃっているのはいけませんね。。。

バフ・ビューティー F6水彩スケッチ

バフ・ビューティーだと思うんだけど・・・多分。
頂いて育ててたことはたしか。
でも名札っていつのまにか字が消えちゃって読めなくなるじゃないですか?
それを放置、植え替えの時「まあいっか、花が咲けばわかるんじゃん」ってしてたら
そういうあいまいな鉢ばっかりになってしまった。
そして意外と花が咲いてもこれなんだっけ~~ってなるんですね・・・www


この子に限らず、花びら多めの子に限って茎が細くて花が咲くとその重みで
くったりと下を向いてしまいます。
これも特徴なので描くときは高めの位置に置いてちょっと見上げて描きましょう~。

最後に最近の傑作、見てくれます?

これね、苔リウムっていうんですか?苔を植えて世界を作ってるんです。
先日苔専門のお店を見つけて、大興奮で2鉢も買って可愛がっておりましたが
毎日霧吹きしても雨にあててもなんだか端っこのほうから茶色くなってきて
お店で見たときみたいな艶やかな緑ではなくなってきちゃったんです。
調べたら、空中湿度が大切みたいで、水槽とかガラスケースとかに入れて育てるのがいいらしんですね。
それでホームセンターに行って金魚用の水槽を買い、たまたま見つけた食虫植物と
もともとうちにあったアジアンタム、トキワシノブ、あとよくわからない小さな羊歯を組み合わせて作りました。
作ってから3日ほどたちましたが、苔が急に伸びてきましたよwww
こんなにぎゅうぎゅうに植えてしまったけれど、大丈夫かな・・・
これからどうなるのか初めてなのでわかりませんが
眺めていると深い森の中で散策しているような気分になります。

アマガエルのフィギュアが生きてるみたいにみえるwww

上からみたところ。
苔ってネットで買えたのか!今は何でもあるなあ!
これほしいかも・・・

 Coup de Coeur (クードゥクール(Coup de Coeur)は、フランス語で「一目惚れ」の意)
 作出国:日本 
作出会社:京成バラ園芸 
発表年:2020 年 
花色:青みがかったグレー
花形:宝珠弁咲
 樹高:1.0 m
樹形:横張り性 
芳香の強さ:微香
*京成バラ園ローズガーデン20周年記念花。繊細かつクールな表情の「アイライン」をもつ、新奇性のあるハイブリット・ペルシカ。

Buff Beauty
作出国:イギリス 
花色:イエロークリーム色
花形:半八重剣弁高芯咲→ロゼット咲 
花径:大輪
樹高1~2.5 m 
樹形:半つる性 
芳香の強さ:強香
*気候や温度によって、杏色が強く出たり、ピンクがかったり。その優しげな花色が人気。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です