豆色紙に描く

今日は涼しいですね♪
連休は雨模様だけれど、涼しいのは心から嬉しいです。
どこかにスケッチに行こうかとも思ったのですが、わざわざ混んでる連休に行かなくてもいいかな、とおうちで制作に励むことにしました。

近頃ハマっているのが豆色紙。
5㎝角のかわいらしいもので紙はホワイトワトソンが張られています。
絵具は前にご紹介した絵墨の明。
墨に顔料が混ぜてあるもので、ちょっと渋めのよい色です。
モチーフは鈴なり薔薇と書かれてお花屋さんで売られていたローズヒップ。
先週のいしど画材エゴコロ水彩画教室でも皆さんで描きましたが、
ちいさいのでささっと描けて出来上がりもかわいい!
それ用のちっちゃな掛け軸風の入れ物もあって
それに入れるとさらにかわいい♪
描いてるところを動画に撮りましたので
どうぞあなたも描きたくなっちゃってください。(笑)

では、ちょっとしたコツを。
この小さな中に世界をつくらなくてはならないので、欲張りすぎは禁物です!
狭い中にも空間を作るように心がけます。
そして 絵具が濡れているときにやるべき工程と乾くまで待たなくてはいけない工程があります。
ふんわりと滲ませたいときは濡れているうちに、きりっと輪郭をキメたいときは乾いてから! タイミングを見極めてくださいね。
何枚か並行して描くと、乾くのを待つのも苦になりませんし、自分の作品を客観的に見られるのでお勧めです。

さて、秋の夜長、何枚描けるかな♪

頭が邪魔!という 突っ込みは受け付けておりません。(笑)

夢中になるとついかがみこんじゃうんだよね・・・
近眼のヒトはわかるよね?

使っている画材はこちら↓

10枚とかあっという間に描けちゃうから多めに買っとこう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【墨運堂】 絵墨明 6色セット 15459
価格:1188円(税込、送料別) (2020/10/18時点)

先日の動画でも使用しましたね。
最近すっかりハマってます。

で、こういう軸になる色紙掛けに入れると超かわいい!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

谷口松雄堂 掛け軸 色紙掛 豆色紙用 豆軸 自然のささやき 大地 JA606-2
価格:1127円(税込、送料無料) (2020/10/18時点)

このリンクのは参考までに。
お近くの画材屋さんにも似たようなのがあると思うし
色も何色かあると思うので
実物を見て描いた絵に合わせて選んでくださいね。

モチーフもやはり実際に見て自分で選ぶのがベストですが、ネットでも買える!
鈴なりじゃなくて、普通の野茨ですが。
なんて便利な世の中になったんでしょ!

で、こちらの作品は来月、10月23日(金)~11月3日(火祝)
柏のいしど画材さんでの作品展に出させていただく予定です。

ワークショップも予定してますので、また近くなりましたら告知いたします。
一緒に豆色紙に描きましょう♪

柿は身体にとてもよい!

先日、テレビで柿にはタンニンやらビタミンCやらがたくさん含まれていて、とても身体によい、と言ってました。
それをみてはたと思い出しました。
パソコンが壊れている間に動画を撮ったんだった!
ちょっと前に描いたものですが、編集しましたので見てやってください。

1日1個食べるとよいらしいですよ。
もっと食べちゃう?\(^o^)/

実りの秋に


なかなか手に入らない
葉っぱつきのお庭になった葡萄。
いただいたのでありがたく描かせていただきました。



葡萄の20分スケッチ(F4 水彩)

製作過程はこちらから。

ナイアガラという香りのよい美しい葡萄。
実りの秋ですね~。
もう少ししたら烏瓜も色づくかな。
いろいろ楽しみです。

実ものといえば、こんなスケッチも。



瓢箪と仙人草のスケッチ(F4 水彩)


お花屋さんで瓢箪が売られてたんです。
なかなか珍しいでしょ?
昔、北海道の祖母の家にはたくさんなっていたっけ。
酒器などを作っていたのを思い出します。
今思えばかわいいなあ。
来年植えてみようかな。
大きくなる?

宝篋山スケッチツアー、とりあえず告知。
参加表明されている方ももういらっしゃるので開催はできそうな雰囲気です。
マイクロバスなので20名で締め切りますので参加ご希望の方はお早めに!

LINE@にご連絡くださってもいいし
教室のときでもOKです。

10月18日(金)
9:00江戸川台駅~9:20柏の葉キャンパス駅 出発!
5時には戻ります。
なだらかな山の稜線
畑に囲まれた美しい風景
お手洗いもあります。
柏駅が近い方が多ければ発着場所の変更は可能です。
マイクロバスをチャーターしますので荷物も楽ちん♪
帰りはここで降ろして~的な融通もききます。

そんな楽しいスケッチツアー、ぜひご参加くださいね。
バスの都合上、10名以上で成立、20名までです。
柏駅に寄らないパターンだと参加費は¥6,500-です。
(柏駅まで行くとバス代が変わるので+200円。)

以下のフライヤーはたたき台。
ご要望にはなるべくお応えしたいと思います。
ご意見お待ちしております!

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!

LINE@

日々のスケッチが見られますのでよかったら登録してみてくださいね。

20分スケッチ!フウセンカズラずら・・・

8月があまりに暑くて夏休んでましたが
久しぶりに20分スケッチをしました♪



20分スケッチフウセンカズラ(F4 水彩)

6月に入ってから種を蒔いたのでさすがに遅く、
今ごろ実がなり始めました。
爽やか&涼やかで大好きな植物のひとつです。
動画はこちらからどうぞ!

フウセンカズラ(風船葛)
学名:Cardiospermum halicacabum
科名:ムクロジ科
種類:つる性の植物。一年草。
別名:「ウマクワズ(馬食わず)」
原産地:熱帯アメリカ アフリカ インド
開花期:7月~9月

フェンスなどにつるをからませて伸びることから、緑のカーテンとして利用されることも。
インドやジャワ島では、若芽を食べたり、中国では全草を解毒・利尿に用いたりする。
秋には、熟した実の中に3つの種をつける。
種は黒地に白いハートマークのような模様が特徴的。

花言葉:「一緒に飛びたい」

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!

LINE@

日々のスケッチが見られますのでよかったら登録してみてくださいね。

芽がでた!


これ、びっくりしますよね?
何だと思う?



芽のスケッチ(F4 水彩)

答えは


ハヤトウリ!!

松葉町の教室にモチーフとして持って行ったものを
オーナーさんが窓辺にころんと置いておいたら
なんと発芽したのだそうです。
別にお水をやったわけでもないそうです。
さすが1本植えたら200個以上できるという
生命力の強い瓜。

みなさんもやってみる?

ハヤトウリ(隼人瓜)

学名: Sechium edule
科名:ウリ科
別名:センナリウリ(千成瓜)、チャヨテ
原産地:熱帯アメリカ

多数つけるセイヨウナシ形の果実は中央に大型の種子を1個生じ
発芽まで果肉と種子が分離しない。
日本で1917年に鹿児島に渡って来たため隼人の瓜ということで
ハヤトウリという名前になった。
アメリカ合衆国ルイジアナ州のクレオール料理や
ラテンアメリカ、カリブ海諸国の料理によく用いられる。
漬物、炒め物、煮物などにして食べることができる。

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

秋のスケッチ、また出てきたよ~


10月のスケッチ、また出てきた!

実はこれ、江戸川台の和食屋さん「わっ嘉」さんに
飾らせていただいてたものです。
写真を撮り忘れてたのね~。

ちなみに今はお正月っぽいかんじのに架け替えさせていただいてます。
11月に描いた朝の海の絵とかもあるよ~。

先月食べに行きましたが
ほんと、美味しいのでお近くの方はぜひ行ってみてくださいね!
地図、こちら

2月はまた違うのに架け替える予定♪



ツルウメモドキのスケッチ(F6 水彩)

ツルウメモドキって大好きで
秋に山に行くと必ず探します。

でもね実はこれ、山にしかないわけではなく
うちの近所にも生えてるところはあって
一ヶ所は開発されてなくなった森と一緒に消えてしまいましたが
いつもスケッチに行く理科大の近くにあるお宅の
門の前に見事な木があっていつも気になって見てます。

植えたらああなるのかなあ・・・?
種を採ってみようかな。

このスケッチでおわかりかもしれませんが
山にある風情が好きなので
山で探すことには変わりないと思いますが。

ツルウメモドキ(蔓梅擬)

学名: Celastrus orbiculatus
科名:ニシキギ科ツルウメモドキ属
別名:「ツルモドキ(蔓擬)」英名「Oriental bittersweet(オリエンタル・ビタースイート)」
花期:5月 – 6月(果実は10〜12月)
分布:東アジア一帯に自生し、日本では北海道から沖縄までの全域に分布。
環境:日当たりのよい山野や林などに生育し、都市部の植え込みなどにも見られる。

雌雄異株。
果実の鑑賞時期は10月~12月だが、
この期間の果実は無味であまりおいしいとは言えない。
冬季に入って雪が積もるような時期にまで落ちずに残っている果実は
完熟しているので甘みがあって美味しいとされている。

気になる情報・・・www

花言葉:「大器晩成」「真実」「開運」「強運」

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

お正月気分も抜けてきた・・・


三賀日が終わっての週末、いかがお過ごしでしょうか?

私は年末からなかなか進まない製作に取り組んでますが
少しずつですが光がみえてきたような気がしています。

ここから教室が始まっても
リズムを崩さないよう
なにか工夫しなくちゃね。

教室は教室で大切で
楽しいものなのですが
頭の使い方が全然ちがう、というか・・・
製作モードに切り替えるのに時間がかかってしまうんですよね。

年末の模様替えで
だいぶ画材が取り出しやすくなったので
去年とはちがうぞ!と意気込んでおります。

今日アップするのはノササゲのスケッチ。
教室の生徒さんがお持ちくださったものです。
なかなか見つけられないんですよね~これ。
ありがとうございます♪



ノササゲのスケッチ(F4 水彩)


今年はブログももう少しアップしたいな、と思っています。

年賀状や新年のご挨拶をいただいて
このブログを楽しみにしていてくださっている方がいらっしゃるというのが
伝わってきました。

もともとは自分の絵を客観的に観る、
人目にさらすことで
見られても恥ずかしくないスケッチをするように
自分を追い込む、という目的ではじめました。

いうなれば、自分のためにやり始めたわけですが
多くの方々が楽しんでくださっている、ということで
そうなると俄然やる気も出てきます。
きちんとした技法、というよりは
あれこれ試してひねり出した手ですが
発見したものはできるだけお伝えしたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ノササゲ(野大角豆)

学名:Dumasia truncata
科名:マメ科ノササゲ属
別名:キツネササゲ(狐大角豆)
花期:8〜9月 果期:10~11月
原産地:中央アフリカ、平安時代に帰化した。
分布:本州、四国、九州

食用になるササゲに似ていて野にあるから。
大角豆とはササゲのことで、豆が大きくて角ばっているから。

花言葉:「甘い乙女心」

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

実り多き年をめざして


いよいよ明日は大晦日。
今ごろですが、今日は部屋のカーテンを洗って
窓も磨きました。
なんだか空気がきれいになったような気がします。

アップするのは9月ごろのスケッチ、石榴です。



石榴のスケッチ(F4 水彩)

こちらはちょっとゆるすぎかな、とも思うのですが
なんとなく気に入っている
りんごと梨のスケッチ。




皆様、今年は実りの多い年になりましたでしょうか?

私は無駄な動きが多かったような気もしないでもないです。
バタバタしてた割には何も進展しなかったような。。。
結局は地道な努力がいちばんですね。
まあ、バタバタは来年の飛躍のための準備だった、ということにしましょうwww。

来年は実りの多い年になりますように!

皆様もより実り多き年を!

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

インフル、はやってますね。


喉の痛みがまだ取れない木下です。
おかしいなあ・・・
普段でしたら蜂蜜でもなめてれば治っちゃうんですが
全く進展なし。
昨日ぞくぞくしたのはもしかしたら熱があったかもですが
寝たらよくなったので
今日あたりプールに行けるかと思いましたが
まだ喉がかなり痛くて
大好きなみかんも食べられないので
今日もプールはお休みしました。

そこにショックなメールが

24日、クリスマスイブにいしど画材の加藤さんとお出かけして
楽しい1日を過ごしたのですが
なんと、ゆうべから発熱
インフルエンザとのこと!!!

あら~?これはもしかして~?
人生初インフルエンザかも?

でもまだ熱はありません!
きっとただの扁桃腺!

念のため外出は控えますね・・・

今日アップするのは絵墨で描いた
サルトリイバラ。
まだ実が赤く熟する前のものをいただいて描きました。



サルトリイバラのスケッチ(F4 絵墨 透明水彩)


ちょこっと水彩の黄色も入っていますが
ほとんど絵墨で仕上げてます。
あと水に溶ける鉛筆、アクエレルも使用。
この絵墨というのがとても面白い画材。
墨に染料が入っていて全部で6色あります。
これだけでも十分に渋めながら色彩を表現できます。
ポイントは濃淡をしっかりつけること。
摺るタイプのと、顔彩みたいに濡らした筆で取るタイプとありますが
顔彩タイプでも十分に色がきれいで
しかも手軽に使えますので
ひとまずこちらをおすすめします。
お値段もそんなに高くないです。
1色200円くらいだったと思います。
描き初め、これもいかもよ~。

こちら
は先月アップした動画ですが
絵墨で描いてます。
よかったら見てみてね~!

さて、早く寝よっと。
インフルじゃないことを祈って・・・

サルトリイバラ(猿捕茨)

学名: Ilex aquifolium
科名:サルトリイバラ科(またはユリ科)シオデ属
別名:サンキライ(山帰来)ガンタチイバラ モチシバ(餅柴)カカラ
分布:北海道から九州までの山野や丘陵の林縁などに自生
花期:4~5月
実の季節:10月~11月

雌雄異株。
鋭いトゲをもつツルをあちこちにからませ、「猿も引っかかる」ことから、この名になった。
地方名の山帰来は、山に捨てられた瘡毒(梅毒)患者がこの根を食べて病気が治り
山から帰って来たことから。
ルリタテハの幼虫が食草とする。
西日本では、「柏餅」の柏の葉の代用として、この葉で餅を包む地方もある。

花言葉:「不屈の精神」「屈強」「元気」「元気になる」

あら、この花言葉、今日の内容にぴったりだった。

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

仕事納め


暮れも押し迫ってきましたね。

今年は今日で教室納め。
通ってくださった皆様、1年間本当にありがとうございました。
教室を始めたばかりのころは
いっぱいいっぱいで
自分もまだスケッチだって随分下手で
先生としてもまだまだでしたが
ついてきていただいて、育てていただいて
本当に感謝しています。
本格的に教室を始めて10年経ちました。
あれ?こえたのか?
2007年に始めたんですよね、たしか。

手当たりしだい水彩画か日本画の先生は要りませんか?と
職探ししたのが始まりでしたが
現在7ヶ所、9個のお教室を担当させていただいてます。
それぞれに違った味わいの教室になってますが
どこも楽しい♪
人に恵まれていることに感謝です。

来年はもっと的確に技法を伝えて
絵を描くことをたのしんでいただけるよう
がんばります。
自分自身、新しい技術をしっかり勉強して
それをどんどんシェアできたらいいなと思ってます。

絵は奥が深いわ~・・・
まだまだ学ぶことたくさんあります!

来年発表会がある教室の皆様、がんばりましょ~!

ブログをサボってたため、ずいぶんとスケッチがたまってしまいました・・・
10月のスケッチ、紅葉したヤマハゼです。



ヤマハゼのスケッチ(F8 水彩)


野乃海高原の手前あたりにある池が
ちょうど紅葉真っ盛り。
普段はあまり人が来ないので穴場かな~と思ったのですが
スケッチの方がずら~り!!
こんなことは初めてだったので驚きました。
写真を撮る方は多いのですが
こんなにスケッチ人口がいるとは!
長野県、おそるべし!

池周りはあきらめて
ちょっと外れにあったヤマハゼの赤に惹かれて
こちらを描くことにしました。

さらに車を走らせると
道路わきにこんな可愛い実が。



コマユミのスケッチ(F4 水彩)


先日載せたのはマユミですが
これはコマユミ。
あっという間に日が暮れてしまって
途中で終わりました・・・><

今年のカレンダーですがこちらのブログで詳しくご紹介しております。
今年はちょっと弱気で(笑)
いつもより少なめに作りましたので
ご入用の方はお早めに!

手元にはあと10冊ほどになりました。

A4サイズ。
1部¥2,300-で販売中です。
ご希望の方はこちらからお申し込みください。

柏のいしど画材さんと
江戸川台のテルミー美容室さん
同じく江戸川台のわっ嘉さんでも置かせていただいています。

ヤマハゼ(山黄櫨)

学名: Toxicodendron sylvestre
科名:ウルシ科ウルシ属
分布:中国、台湾、朝鮮半島、日本(本州の関東地方以西、四国、九州、沖縄)に分布。

樹皮を傷つけると樹液が出て触れるとかぶれる。
古い時代から果実から蝋(ろう)を採取し、和ローソクを作る。
「ハゼ」の名は、古い時代に「ハジ」と呼ばれていたものから転訛したというのが一般的。
室町時代にハゼノキの植栽が盛んになってからは、
区別するために「ヤマハゼ」となったようである。
古事記や日本書紀にはヤマハゼの材で弓を作ったといった記載があり、
「天の波士(はじ)弓」などとして現れている。
万葉集に現れている「ハゼ」は、「ヤマハゼ」あるいは「ヤマウルシ」であると言われる。
平安時代の「倭名類聚抄」にも「はじ」の名が現れている。
西行法師に「山家集」や「古今集」にも「はじ」の名で詠われている。


コマユミ(小檀)

学名:Euonymus alatus f. striatus
科名:ニシキギ科ニシキギ属
分布:北海道〜九州の丘陵から山地の落葉広葉樹林内や林縁に生える。
開花期:初夏(5~6月)実は9~11月

枝に顕著な翼があるのがニシキギで、翼のないものをコマユミという。

花言葉:あなたを離したくない。

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪