ルーブルへ!


そしてついにやってきました、ルーブル!


憧れのニケさんにご挨拶して、とりあえずモナリザを観て、それからゆっくりまわろう。
ニケさんのレプリカは受験生のときにデッサンしたのだけど、
石膏デッサンのきらいな私でも、そのあまりの美しさに楽しく描けたものでした。

名画ばかりでめまいがしそう!!
絵もすばらしいのですが天井や壁などの装飾も見逃せませぬ。


アポロンの間にて。


2時くらいまで息もつかないかんじで観まくってたのだけど
さすがに疲れてコーヒータイム。

バルコニーまでこんな!


朝イチから閉館まで観ても絵画しかまわれなかった…。
それでも大満足。
ああ、すばらしかった!
ちょうど夕陽が美しい時刻。
急いでスケッチしたけれどあっというまに陽が暮れてしまった。

描いてたら黒人のお兄さんにどこから来たのかときかれた。
お兄さんは去年日本にお仕事で行ったのだと言う。
そしてまた別れ際は例のちゅっちゅご挨拶。
そしてきめゼリフ「スリニキヲツケテ」
…それだけスリが多いということ?それとも日本人が狙われやすいってこと?


翌日はパリを発ち、ベルギーのMちゃんのところへ!

“ルーブルへ!” への4件の返信

  1. はい!
    とっても贅沢した気分でした~。
    エッフェル塔までみえるし。
    興奮してしまってコーヒーのお味はよく覚えていません…(>_<)
    もっと落ちつこう。

  2. よっ!モテモテ!
    パリで二人にちゅっちゅなんて、モテモテだな!
    そりゃ、大興奮だ(笑)

    やっぱ、オンナ一人だとそういうこともあるのかな?
    私は、パリでは一人歩きしたことないからなぁ。
    一人であちこち回れるんだから、私より外国慣れしてるよ。スゴイ。

  3. たかたか歩いてれば
    大丈夫なんだけどねえ。
    あのご挨拶はちょっといやだ~~!(>_<)
    それにもうちょっとヤングにモテたいよ~。

    いやいや、君の方がいろいろ知っててすっかり頼りにしてました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です