釣り糸たらして


なにこれ?!ってくらいおかしなかたち。



にゅ~んと釣り糸をたらしたウラシマソウ。
このにゅ~んはなんなのだろう?
ネットで見てみたけれどどうもなんのためにこうなってるのかは不明らしい。
雄花と雌花の株が別々で、虫にこの筒状のお花の中に入ってもらって受粉するのだそう。
この釣り糸で虫心をくすぐるつもりなのだろーか?

あんまり大好きとは言えないお花だけどなんか気になる。
…そういうひとっていません??苦手なんだけど気になるというかほっとけないっていうか…。

描いてるうちにグロテスクになってきたので、もっとさっぱりと描きたいとおもい、もう一枚。



さっぱりと描いてみたけどあんまり変わらなかった。
こういうお花なのだから仕方ないか。

それにしても、おもしろいかたち。



結膜炎になってしまった!
目がうさぎさん…。
しばらくプールはお休みしなければ。
そんなわけで時間ができたのでプリンを作る。
もうすぐ2歳の甥っ子Bくんに「おいしい?」ってきくと「からい」と答える。
カラメルソースのほろ苦さが「からい」らしい。
からい、からい、と言いながら完食。
ママの分もねらってる。

“釣り糸たらして” への2件の返信

  1. らじゃ!
    こんどぜひ食べておくれ!
    そういえば、君んちの新しいレンジ君ならきっと上手に作れると思うよ~。蒸し蒸し機能付き!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です