春を告げる

マンサクのお花はなんだか変わっている。
遠くから見ると木の周りをふわふわと覆うよう。
ちかくでみるとひろひろとした頼りなげな花びらが
あかくガシッとした芯から出ている。
素朴なこのお花はすばらしく美しいというわけではないけれど
春を告げてくれるので咲くとやっぱりわくわくする。
一説には「先ず咲く」がなまってマンサクになったのだそう。


ふと気がつくともうだいぶんいろいろなお花が咲き出していて
晴れたら描きに行きたいと思うのだけれど
お天気がここのところしばらくよろしくない予報。
春はなかなかいじわるなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です