きらきら陽射しを反射して・・・


こちらは2週間ほど前のスケッチ。
昨日行ってみたらすっかりもみじは落ちてしまって
黒々とした細い枝が
小春日和のきらきらした光を拾おうとしていた。



うって変わって今日は冷たい雨の寒い月曜日。
昨日見かけた毛虫はどうしただろう?
あたたかい日差しに浮かれてでてきたのか
たった1匹でヒイラギの実をかじっていたのだった。

イロハモミジ
学名 Acer palmatum
科目:カエデ科カエデ属の落葉高木
分布:東アジア(日本、朝鮮半島、中国、台湾)に自生。
   日本では本州以南の平地から
   標高1000m程度にかけての低山で多く見られる。
   イロハモミジの名称は7~9片に深く裂けている葉を
   イロハニ…と数えたことからだという。
   和名は伊呂波紅葉。
花言葉:「節制」「遠慮」「自制」「大切な思い出」

「奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋はかなしき」
            猿丸太夫 古今集 百人一首(05)


文化村ウィンタークラフトコレクション2012

MicaKatolaは12月22日(土)~25日(火)に参加!もうすぐ~♪
関連記事はこちら

きのこの版画展まだまだ開催中!

“きらきら陽射しを反射して・・・” への2件の返信

  1. きれい~
    anmitsu さん~
    鮮やかな赤に 深い緑。
    オレンジ、黄色、、、 絵で感じる
    紅葉もやはり いいですね~

    カレンダーのお代の振込先など
    お知らせ ください~
    お願いいたします~
    yukari

  2. ありがとうございまーす!
    yukariさんの紅葉も素敵でした♪
    秋も終わりましたねえ…。

    ところで振込先ですが筒の中にお手紙と一緒に入れたつもりだったのですが、なかったですか…?
    なかったらこちらにご連絡くださいまし。
    anmitsu2222cat★yahoo.co.jp(★=@)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です