ぱりぱり霜柱を踏みながら


こちらは先日の寒中見舞いの原画。
個展の準備が忙しく、なかなか行けなかったお外スケッチ。
今年初だったのだけれど
やっぱりものすごく寒かった!
晴れた日ではあったのだけれど
描いているうちにだんだん北風が強くなってきて
ちっとも気温が上がらない。
近くにおりた霜柱も一向に溶けず
ぱりぱりのままだった。
12月から咲いていたこの初雁と思われる椿も
だいぶ寒さでお花が傷み
ほとんどが茶色くなっていたのだけれど
風向きなのか日当たりなのか
一部綺麗なところがのこっていたのでそこをスケッチ。

辛夷がたくさん蕾をつけ蝋梅はほころびはじめている木もあった。
辛夷描きに行けるかなあ?
行きたいなあ。
それまでに作品のめどがつかないとね。

ツバキ(侘助)
学名:Camellia japonica
科目:ツバキ科ツバキ属
花期:11~3月
中国産種に由来すると推測される「太郎冠者」という品種から派生したもの。

ワビスケの定義
A.ウラクツバキ(太郎冠者)から生まれたものであること
B.葯が退化して花粉を作らないこと

名前の由来は諸説あるようで・・・
●「侘数奇(わびすき)」が転じたとする説
●文禄・慶長の役の際、侘助という人物が朝鮮半島から持ち帰ったからという説
(『広辞苑』などはこの説を採用している)
●薄田泣菫が随筆『侘助椿』の中で以下のように書いている。
「この椿が侘助といふ名で呼ばれるやうになつたのについては、一草亭氏の言ふところが最も当を得てゐる。利休と同じ時代に泉州堺に笠原七郎兵衛、法名吸松斎宗全といふ茶人があつて、後に還俗侘助といつたが、この茶人がひどくこの花を愛玩したところから、いつとなく侘助といふ名で呼ばれるやうになつたといふのだ」
●その他、「千利休の下働きをしていた侘助という人物に由来する」などの俗説もある。

花言葉:「控えめ」「静かなおもむき」「簡素」

MicaKatolaの展示会は1月22日~28日。詳しくはMicaKatolaのホームページにて。
きのこの版画展まだまだ開催中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です