びろんびろん。


もうだいぶ終わりがけだけれど辛夷も大好きなお花のひとつ。
今年は桜とほぼ同時くらいに咲きだしたので
どっちも思う存分描いた、とはいえないかんじ。

よく見かける辛夷は花びらが6枚なのだけれど
これは9枚もある。
蕾を包んでいたふわふわもなんだか厳重で
ふつうのより多いかんじ。
ちなみによく似たお花、木蓮は花びら9枚。
お花の下に葉っぱがあるし、あちこちむいて咲いているので
これは木蓮ではないと思うのだけれど・・・。

どなたかわかる方がいらしたらお教えくださ~い。

辛夷を見ると3年前に入院していたときのことを思い出す。
骨折での入院だったので体は元気。
窓の外で辛夷が咲きだしているのを見てうずうず。
どうしても描きたくって友達に頼んでとってきてもらった。
すると病室の暖かさであっという間にびろんびろんに開いてしまった。
とりあえずそのびろんびろん状態で描いたのだけれど
においがすごかった!
辛夷に香りがあるって知ってた?
お外で咲いている辛夷はたいがい高いところにあるから
気づかなかったのかとも思うけど
描くためにそばによっても香ることはほとんどない。
なのに室内では強烈な香り・・・。
くさい、とまではいわないけれどあんまりよい香りでもないのね~。
6人部屋の病室はそのなんともいえない香りでいっぱいになってしまった。
すみません、すみません、ってあやまって
描き終わってから捨てるしかなかった。
せっかくとってきてもらったのにね。
同室の方々がよい人たちでよかった。
入院中もけっこう楽しかったのを思い出す。

コブシ
学名:Magnolia kobus
科目:モクレン科モクレン属
花期:3月-4月
分布:九州、本州、北海道および済州島
別名:田打ち桜
果実は集合果であり、にぎりこぶし状のデコボコがある。
この果実の形状がコブシの名前の由来。
花は香水の原料にもなる。←そうなのかっ!!
花言葉:信頼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です