まだハシリですが。

先週は教室のお仕事が立て込んでいたのと、毎月おなじみの体調不良で
山百合と蓮を気にしつつ朝のスケッチはお休みしてた。
昨日ほぼ1週間ぶりに見に行ったところ、山百合も蓮もまだこれからが本番といったかんじで数はすくなかったのだけど一応咲き出していた。
こちらは先週の蓮。



ヤブカンゾウが花盛りだったなぁ。

それにしてもこれらの美しいお花たち、もう少し涼しいうちに咲いてくれてもよさそうなものだけど、夏本番の暑さになってから咲くのでスケッチがつらい!
早朝に出かけるのだけど、蚊は凄いし蒸し暑いし…。
もう少ししたらキツネノカミソリも咲くんだよね。
体調を整えつつ、がんばらねば!

ハス(蓮)
学名:Nelumbo nucifera
別名:水芙蓉(すいふよう、みずふよう)、芙蓉(ふよう)、不語仙(ふごせん)、池見草(いけみぐさ)、水の花 、蓮華(れんげ)
原産地:インド亜大陸とその周辺。
花期:7~8月
科目:ハス科 ハス属
古名「はちす」は、花托の形状を蜂の巣に見立てたとするのを通説とする。
地下茎は「蓮根」(れんこん、はすね)といい、野菜名として通用する。

花言葉:「雄弁」「休養」「沈着」「神聖」「清らかな心」「離れゆく愛」

小夜ふけて蓮の浮葉の露のうへに
玉とみるまでやどる月影
源実朝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です