つかの間の姿

ガンタケ。
ツルタケってのもいるんだよね。
ひょろり首が長いかんじをイメージするのかな?
手前の丸っこいのは赤ちゃん。

翌日、しっかり開いたところを描こうと思ってたのに、行ってみたらパリパリに割れていた。
赤ちゃんはちょうどこの絵の大きいきのこくらいに育っていた。
暑いからか成長がはやい。
早起きして行くべきだったんだよねー。
行ったのが11時くらいだったのでした。

昨日からの急激な暑さにもかかわらず、山百合は涼しい顔で開き、蓮も着々と蕾を育ててる。
今朝は日向にあるヤブカンゾウを描くには遅かった(7時ぐらい)ので山百合をスケッチ。
ヤブカンゾウのスケッチがあがってきたら、すばらしく早起きしたんだね、とほめてください。(笑)
気が遠くなりそうなくらい暑いとこに咲いてるんだー!(>_<)
でも描きたいなー!

ガンタケ
学名:Amanita rubescens Pers. : Fr.
科目:テングタケ科 テングタケ属
夏から秋にかけてアカマツ林やコメツガ林、コナラ林、ブナ林などの林内の地上に発生する。食用きのことしてあつかわれる場合が多いが、 毒きのこのテングタケによく似ているので注意が必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です