日常に戻ってまいりました!


終わった~!!!!!

池袋東武の個展、無事終了いたしました。
足をお運びいただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。
お礼状を書いていたのだけれど軽く120~30枚は超えていて
芳名帳にお名前をいただいていない方もずいぶんいらしたので
ほんとうにたくさんの方々に支えていただいていたのだと
しみじみ感謝しております。

今回は1週間、習いたての着付けを生かすべく
着物で通しました。
なんだかハマりそう・・・
楽しかった~!
初日はやはりイマイチだったらしく
トイレに行くたびに見知らぬ方々にあちこち直していただいてたんだけど
だんだんそれも減ってきて
着るのもすばやくなってきておりました。
忘れないようにせねば!!

そして1週間のあいだにあっという間に春が来ていて
初日、真冬の寒さに震えていたのがうそのよう。
個展が終わって久々に洋服を着ようとしたら
何を着たらよいのかわからない・・・。
セーターは暑いでしょ。
コートももう要らない!
お花もいっぺんに咲き出しちゃってるではないですか!!

焦る焦る・・・

とはいえ疲れが出たらしく
翌日のお仕事のあとから丸2日ほど
眠り続け
むりむり起きてスケッチして
また眠り・・・
そんなこんなしているうちに
桜が満開・・・
あ~あ。。。

とりあえずいちばん最初に描いたイチゲをアップしよ。


桜に心奪われて
いつも描けずにいたイチゲちゃん。
疲れた心にこの白さが沁みた~。

アズマイチゲ(東一華)
学名:Anemone raddeana
科名: キンポウゲ科イチリンソウ属
生育地:北海道、本州、四国に分布。
    落葉樹林のふちや草原、山麓の土手などに生える多年草。
開花期:3~5月
別名:ウラベニイチゲ

花言葉:温和

その近くに咲いていたのがこちらのハシリドコロ。
地味ながらなんともかわいらしい。
毒草らしいのだけれど
薬にもなる、と近くに立っていた看板に書いてあった。
毒にも薬にもならない、という言葉があるけど
なんにもないより多少毒があったほうが
人も魅力的だよね♪

ハシリドコロ(走野老)
学名:Scopolia japonica
科名: ナス科ハシリドコロ属
生育地:日本の本州から四国・九州にかけて分布する多年草。
    山間の日陰などに群生する。
開花期:4~5月
別名:キチガイイモ、キチガイナスビ、オニヒルグサヤ

鎮痛薬などに用いるが,有毒のアルカロイドを含むため劇薬に指定されている。
古来,芽生えをフキノトウ(ごく若い芽生え:有毛)や
柔らかく美味しそうな山菜と誤認する中毒事故が発生している。
誤食するとほろ苦く,思いのほか美味であるが,
後に嘔吐やけいれん,昏睡などの中毒症状を発症する。

花言葉:沈黙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です