今年の牡丹は

きらきら美しい日がつづく。
陽射しはもう初夏のよう。
でも風はまださわやかでお花があふれるように咲いている。
あれもこれも描きたいのに追いつかず、いろいろ逃している。
今日はお庭の牡丹を描こうとしてたら
あまりの陽射しにくらくら・・・
あきらめて切って描くことにした。
今年の牡丹はピンクと白にひとつも蕾がつかなかった。
こんなことは初めて。
横っちょからでてきた芍薬がやたら元気よいので
これが原因かもしれない。
赤はお花はたくさんついたのだけれど小さい。

しばらく描いていたら
母が血相変えてとんできた。
母の妹である叔母が転んで腰を打ったという。
あわてて春日部まで車を飛ばした。
幸いなことにたいしたことはなく
無事連れ帰った。
帰ってきたらすぐお散歩に出かけたんでほんとに大丈夫だったみたい。
年取ってから転ぶとけっこう大変なことになるんだよね。
なんともなくてよかったよかった。

そんなわけで今年は牡丹のスケッチはないかも~。。。

今日アップしたスケッチはムラサキケマンと飛燕草。
大好きなお花~!

セリバヒエンソウ
学名:Delphinium anthriscifolium
科目:キンポウゲ科ヒエンソウ属
原産地:中国。 明治時代に渡来。
   小石川植物園からの逸出帰化種
花期:4月~5月
現在は関東地方で野生化しており、草地や林の中などに生える。
「飛燕草」の名は燕が飛んでるような形の花ということで名づけられたもの。
属名の Delphinium はギリシャ語の「delphinos(イルカ)」からきている。
蕾の形から。
そういえばデルフィニュウムの蕾もいるか型だね。

花言葉:「軽薄」え~~?!

ムラサキケマン
学名:Corydalis incisa
科目:ケマンソウ科キケマン属
別名:ヤブケマン(藪華鬘)
原産地:日本、中国、台湾
花期:4月~5月
野原や畦道などのやや湿っぽい草地に生えている普通の野草。
この植物の種子は6月頃に成熟するが発芽するのは翌年の春で
初夏まで成長した後、地上部は枯れ地下に団子状の塊茎を残す。
これが再び活動するのはその年の秋で、数枚の葉を出して年を越し
春になると花茎を立てて花をつけ結実すると全体が枯れる。
つまり、このお花はおととしの種から出たものなんだね。
全草にプロトピンを含み有毒。
誤食すれば嘔吐・呼吸麻痺・心臓麻痺などを引き起こす。
ウスバシロチョウの幼虫の食草であり
このためウスバシロチョウも有毒となる。

花言葉:「あなたの助けになる」「助力」「喜び」

コメント (0) | トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です