ベトナムの果物のはなし


ベトナムのスケッチ、あまりに少なくて残念。
でも果物は存分に食べてきた。

あまり見なれないものが並ぶ果物屋さん。

ランブータン売りの女性。

彼女から現地語で「チョムチョム」と呼ばれるランブータンを半束買い
ぽこぽこした初めて見る果物も2個ばかし買った。
彼女にこれはなに?と身振り手振りできくと「ナー」と答えた。
後で調べたらバンレイシ、または釈迦頭というものらしい。
びっくりするくらい甘いまったりした果肉の中にかつんと硬い種が入っている。
ちいさめのりんごくらいのサイズだけれど
いっぺんに1個食べるのもきついくらいの甘さ。
別名シュガーアップルともいうらしい。
たしかに!

チョムチョムは最高においしい!
ライチみたいな味。
種が大きいので食べるところは少なく
パクパクと何個でも食べられる。
日本でも食べられたらいいのに!

そのほか果物屋さんでマンゴーとおっぱいミルクと呼ばれるスターアップルなどを購入。
小ぶりなマンゴーかと思って買ったのはサボチェとよばれる柿のような果物だった。
心残りだったのは旬だったとみえ、あちこちで売られていたおおきな文旦のような柑橘。
子供の頭くらいの大きさがあり食べきれる自信がなかったので買わなかったんだけど
食べてみたかった・・・

お勧めはチョムチョムとおっぱいミルク!
南国で見かけたらぜひ食べてみてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です