マツムシソウに魅せられて


ちょっと前のスケッチになりますが
マツムシソウの群生を初めて見ました。
大好きなお花のひとつで
空色にちかい淡い紫色が美しく
不ぞろいなかたちの花びらがなんとも可憐。
でも描くのは難しく、3日通いました。



マツムシソウ(F6水彩)

この日の午後見つけてスケッチ。



マツムシソウ(F6水彩)

翌日は水辺の別の場所でも見つけたのでそこでスケッチ。



マツムシソウ(F6水彩)

3日めは描きはじめたのが夕方で
日が暮れてしまって途中・・・
時間がないときは
ぽんぽんと色をおいてから
水彩色鉛筆か水彩鉛筆でささっと形をとります。
じっくり描くときと手順がちょっとだけちがいます。

これらをもとに本画に落とし込む予定です。

今日は9月のお話。



アカチシオタケ(SM水彩)

きのこがいちばん出るこの時期はそわそわと山間部へ出かけます。
食べるのも好きですがどっちかというと美しいきのこをめでるほうが好き。
そんな私の心を捉えるこのアカチシオタケ。傷つけると赤い汁がでるので
赤血潮茸。漢字にするとなんかおどろおどろしいのですが透明感のある
繊細な立ち姿にぽっと紅がさすとても美しいきのこです。時折ちいさな
アマガエルが遊びに来ます。そろそろ冬眠でしょうか。

2018年のカレンダーの全部の絵と解説文が読める
こちらのホームページをぜひご覧ください。
それぞれの月の絵をクリックすると読めるようになっています。
パソコンのほうが見やすいかな・・・。
ホームページへはこちら


木下美香の水彩画教室、日本画教室のご案内はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です