全国のまゆみさんへ

砂糖菓子のようなピンクの実に赤い種、ご存じまゆみの実です。(*^^*)
植物の名前の人ってなんだかうらやましいような気がします..
さくらちゃん、すみれちゃん、かえでちゃん….
まゆみちゃんもこんな可愛い実だと思うと気分あがりますよね♪(* ´ ▽ ` *)

さて、年末とお正月はとじ込もって大きめの絵に取り組んでおりました。
とりあえず30号くらいから始めて、100いこうかと。
今年は個展の目処が全く立ちません。
なので、ここはじっくり時間を使って普段描けないような大きいものに挑戦しよう!と思ったのですが、一枚も仕上がらないままお正月休みは終わってしまいました。(笑)
まあ、まだ時間はありそうです。
いつ皆さんに見ていただけるのか見当もつきませんが、こつこつ描いていきます。

先日読んだ「鋼と羊の森」に心惹かれた1文がありました。

 「明るく静かに澄んで懐しい文体、少しは甘えてゐるやうでありながら、きびしく深いものを湛へてゐる文体、夢のやうに美しいが現実のやうにたしかな文体……」

原民喜の「砂漠の花」の一節だそうです。

主人公はピアノの調律師で、「文体」を「音」に置き換えてますが、これ「絵」でも当てはまりますよね。今年はこれを目指していきます!

鋼と羊の森、とてもよい小説でした。
本屋大賞をとったようですね。
ピアノの音の表現の美しさに心奪われました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

羊と鋼の森 [ 宮下 奈都 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/4時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

羊と鋼の森 (文春文庫) [ 宮下 奈都 ]
価格:715円(税込、送料無料) (2021/1/4時点)

最後の紅葉スケッチ

クリスマスも終わり、あっという間に年末となりましたね。
大変な1年でしたが、なんだかまだまだ不穏なかんじ・・・

今日は先日の紅葉スケッチの続きというか、教室のない日に通って描いたものをアップします。
花でも紅葉でも同じなのですが、タイミングって本当に大切で
1日違うだけで全く魅力度が変わってしまいます。
現場スケッチとなるとお天気も重要。
雨が降ったり風が強すぎたりしてダメ。
花によっては曇っていると開かなかったりします。
仕事がある日は描きに行けないしね。
これを描いた日はまさに最高の紅葉スケッチ日和でした!

時折キラキラと冬の傾き加減の日差しが差し込み
赤く染まった葉が輝きます。
さらさらと心地よい音でそよぐ枝。
はらはらと舞う紅葉。
この時間を閉じ込めたい。
この時に間に合って本当によかった、と神様に感謝。

こちらはその数日後。
教室が立て続けにあったので
なかなかスケッチに行けませんでした。
先日にスケッチした楓はすっかりチリチリになってしまってましたので
別の木です。

紅葉のスケッチF6透明水彩

この日は朝はよく晴れていたのですが、私が出かけた午後になって急に曇ってきました。
この頃、ほんと朝起きられないんですよね・・・
10時間くらい寝ちゃうんです。
まだ本調子じゃないのかもしれません。
言い訳しててもしょうがない、急げ~!と描き始めてしばらくすると

さわさわさわさわ・・・・・

向こうのほうから木の葉に雨粒が当たる音が近づいてきました。


これはヤバい!

急いで片付けているうちにパラパラ落ちてきました。
でもスケッチブックは無事♪
車についてから本格的に降ってきました。
ぎりぎりセーフ!

しかし、この数日後に行ったら紅葉はすっかりチリチリに。
空気が乾燥してますもんね。
残念ですが、また来年。

カレンダー、まだ紹介しきれてなかった!

8月
蓮の花を描きに行った朝、どれを描こうかうろうろしていたら
バサッと音がしました。
あの大きな花が一気に散ったのでした。
なんて儚いんだろう。
そしてなんて美しいんだろう。
そこから目が離せませんでした。
それから日が昇って暑くて耐えられなくなるまで
その散った花びらを描きとめてました。


9月
今年はちょっと遅かった彼岸花。
例年だとお彼岸にかならず咲くのに。
相棒の黒猫、あんみつさんが亡くなったのは9月。
悲しい気持ちでスケッチしてたら真っ黒な揚羽が蜜を吸いに来ました。
ちがうってわかっててもあんみつさんに見えてしまいました。
毎年描くたびに揚羽はやってきます。
揚羽は赤い花が好きなのです。
わかってます。
でも私にとってはあんみつさん。
きっと見る人によって別の魂が訪れているように見えるでしょう。
彼岸花ってそういう魔力があるような気がするのです。

カレンダー、まだまだ販売中♪

https://thebase.in/to_app?s=shop&shop_id=anmitsu22cat&follow=true

さて、今年の教室はすべて終わりました。
コロナで教室運営の方々も生徒さんもみんな大変でしたね。
私も仕事が一気になくなるし個展はなくなるし
年末は生まれて初めての大きな手術をしたし
まあいろいろありました。
来年はきっと良い年に!と願いますが、コロナはまだ猛威を振るってますね。
ワクチンができているのが救いです。
きっともうしばらくの辛抱です。
どうぞ気を付けてお過ごしくださいね。

冬がくる

12月になりましたね。

紅葉スケッチももう終盤、個展後のバタバタのままあちこち出かけておりました。

刈羽黒姫山頂上より F4水彩

ここは地元の方が登るような素敵な里山ですが、その方々が珍しい、というくらいの快晴で遠くの山々まで見渡せました。

筑波山男体山でのスケッチ F6水彩

こちらはお気に入りのスケッチ。光線の美しさに心奪われました。

もう山の紅葉はとっくに終わりましたね。昨日近所の森に行ったら見頃!

描き損ねたのが心残りです。

というのも、今日から入院。急にお腹が出てきたのでコロナ太りしたのかと思ったら巨大子宮筋腫。(お医者さん談)

近所の婦人科の先生だったのですが、腹腔鏡手術の名人だといって東京女子医大の先生を紹介していただき、3ヶ月間お薬で患部を小さくし、今日入院しました。明日手術です。

腹腔鏡なので術後すぐ歩かされるようで、4日後に退院予定。影響のある教室の皆様、ご迷惑おかけします。

教室の生徒さんから随分と励ましていただきました。皆様、いろいろ手術しているようで…。でも今は元気に過ごされてるのを見て、本当に力をいただきました。

たまたま昨日から入られた方もいらしたのですが、その方にベテランさんが、「木下先生は教えるの上手いよ。今までいろいろ行ったけど、一番!」と言って下さったのがウルっとするほど嬉しくてそれでも元気になっちゃった。その方との相性もあるかと思うので、私が特別上手い訳ではないとは思うけど。(笑)

そんなこんなで生徒さんや友達や家族みんなに支えられていることを実感しております。

そういえば、カレンダーの絵の紹介がまだおわってなかったっけ。なんだか気持ちが落ち着かず、いろいろ遅れていてすみません。

6月でしたね。梅の実の季節!毎年私しか食べない梅干しを漬けるのですが、追熟させるんですよね。それがとってもよい香り!

6月のカレンダー

色もきれいなのでついつい描いてしまいます。梅干しは只今熟成中♪そろそろいいかな。

カレンダーはまだまだありまーす!

https://thebase.in/to_app?s=shop&shop_id=anmitsu22cat&follow=true

よろしくお願いいたします。( ≧∀≦)ノ