昨日と今日はママ。


昨日から甥っ子Bくんのママがわり。
といっても夕方保育園のお迎えに行って
晩御飯とお風呂と寝かしつけをするだけなのだけれど。
大きくなってずいぶん楽になった。


こちらも先日紹介した
桜の花びらシリーズのひとつ。

個展が3月の予定だったときのDMに使用した絵を
いったんつぶしてまた描きおこしたので
DMのときとは似ているけれど違う絵になっている。

もととなったスケッチをした日は美しい春の日で
さらさらと散る花びらの下
あたらしく生まれたおたまじゃくしが
うじゃうじゃと集団で泳ぎ回っていた。

日本画 S6号 「水ぬるみ…」 2011年


こちらは外から見て真正面にあった作品。

蓮は大好きで毎年毎年スケッチに行く。
けれどなかなか作品にできずにいた。
前回のオカベさんでの個展からすこしずつ発表し始めている。

蓮というのは本当に美しいお花なのだけれど
仏教のイメージが強い。
どうしても意味深なかんじになってしまって
うまく自分の世界が作れずにいた。
生と死とはいつもわたしのなかにあるテーマではあるけれど
蓮で描くとどうもダイレクトすぎる。

こちらは比較的からりと描けたようにおもう。
水面を描きながら
うしがえるの声や時々どぽんと飛び込む音がするのを思い出す。
こちらが静かにしてるので
たまに気づかずに近くまで来てくれることもある。
おにやんまやいととんぼなんかも来る。
だいたい7時で切り上げないと暑くなってしまうのだけれど
うっかり8時とかになると
とつぜんばらりと描いていた花の花びらが落ちたりする。
またその散ったところなんかもよいのだけれど。

水彩画 F30号 「耳を澄ませて」 2011年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です