シラネアオイに出会うには


5月の末、憧れのシラネアオイを探す旅に出ました。
これがキツかった!!!
まだ雪渓が残るなか
けっこうな山道をゆきます。
案内してくださった方から
聞いてはいたので
スパイクつきの長靴で行ったのですが
すべるすべる!
歩き方にコツがあるようですね。
かかとでガッガッと凹みを作ってから
体重をかけないとみごとに滑ります。
おまけに画材が重いのと
イーゼルが出っ張っているので
枝が込み合っている藪などがとても歩きにくく
ファースト・シラネアオイに出会ったころには
すでにヘトヘトでした。

とりあえず見つけたものを描かせてもらうことにして
私だけその場に残りました。



シラネアオイ(F6水彩)


ところがね、帰り道で見つけてしまったんですよ!
もっとずっと近いところに
大きな株できれいに咲いている
シラネアオイを!

やった!明日はここだ!

というわけでもっと楽して描いた
シラネアオイちゃん。



シラネアオイ(F6水彩)

これからは画材の軽量化をなんとか図らないと!
と実感しました。
一番重いのは紙かなあ。
必要最低限しか持っていかないことと
スケッチブックの台紙が重いので
なにか軽いものに水張りをしていく。
あと、パレット!
いちばん小さいのでもよかった。
リュックももう一工夫いります。
背負子をこんど試してみようかと思ってます。
あとちゃんと食料も持っていかないとですね。

それから日ごろの鍛錬・・・か。
水泳と自転車はやっているのですが
重力に弱いかも。。。

LINE@はじめました!
こちらからご登録ください。

LINE@

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です