宍戸錠さんの思い出


暖冬、と思って油断してたら今日は寒かったですね。

やはりお日さまが出ないと寒いです。
タイトルのところの画像は昨日の夕方、北風がふいてよく冷えた自転車での帰り道から。
ふとみたら富士山が見えたので嬉しくなって撮りました。
左端のほうにちっちゃく写ってます。
今日アップするのはタマアジサイの枯れたもの。
お教室の生徒さんからお借りして描きましたが、茶色く枯れた中にもなんとなく紫が残っていました。

ところで、宍戸錠さんが亡くなりましたね。

実は1度だけ、飲みに連れていっていただいたことがあります。
ムサビを卒業して本当にすぐ、みんな仕事を始める前だったと思います。同級生4人で初めてのグループ展を六本木にあった大学関係のギャラリーでやりました。
宍戸錠さんはそこの階下のバーの常連さんで、たまにギャラリーにも顔を出して飲みに連れていって下さることがあるという噂がありました。
はたして、彼はふらっと立ち寄って下さり、私たちをバーに連れていってくれました。
ところが、私たちはまだ20代。
錠さんの作品をほとんど見たことがなく、世間知らずで年代の違う方との交流も少なくて会話をうまく盛り上げる術をもちません。
SNSなどなかった時代、芸能人なんてはるか遠い存在で緊張もします。
若いだけが取り柄の私たちと呑んでも彼はつまらなかったのでしょう、
そのうち、お説教が始まりました。
「展覧会で100人は集められないと成功とはいえないぞ」
まだ美大を出たばかりの私たちは友達(ほとんどかぶってる!)と同級生、家族くらいしか集められませんでした。前述のとおりSNSなどなかったし、知名度もないし、4人がかりでも100人なんて程遠かった。
彼は言いながら怒り始めました。
私たちは黙って聞くしかありません。
そのうち激昂してバン!とテーブルを叩き、私たちは震え上がりました。
するとにやっと笑うではありませんか。
そう、お芝居だったのです。
今なら、本物の宍戸錠のお芝居を生で見られた、と感動したかもしれません。
けれど当時は冗談とわかっても怖くて、早く帰りたかった。(笑)
ほんと、もったいなかったな。
もっといろいろお話を伺えばよかった。
若すぎて、錠さんの魅力が全然わかってなかった。
テレビのニュースをみて思い出した
今から20年以上も前のお話でした。

今週はたくさん教室がありました。

こんにちは。

12月ももう半ば!なんて早いんでしょうー💦
第一週目は毎日教室があります。
今日は教室でみなさんと描いたものをアップしますね。
(教室の人数だったり、内容の都合で一緒に描けない教室もあります。)
月曜日、松葉町。
お庭の椿を持っていきました。

火曜日、NHK柏。

午後のクラスは比較的人数がゆったりしています。
遠方から通って下さってる方がいらして、珍しい植物を持ってきてくれます。
これは紅葉したクロモジ。
和菓子の楊枝などに使われたりする香りのよい木です。

水曜日、ららぽーと柏の葉水彩画教室。

だいぶ咲き進んでおわりに近いですが、健気に咲いている山茶花を持っていきました。

木曜日はいしど画材さんでの12月恒例、石膏デッサンでした。

一応描いたのですが、チャリで行ったので置いてきちゃった💦
なので画像なし!
金曜日はジョイフル本田守谷店の日本画教室。
土曜日は取手の水彩画教室。
お庭の薔薇を切ってきて下さった方がいらっしゃしました。
感謝!

そして、日曜日!

絵手紙教室改めエゴコロ水彩画教室!
今日はカレンダーをつくりました。

小さなスケッチブックを使います。

失敗したらビリって取っちゃえるから、思いきりよく描けまーす♪
(ちなみに取っちゃった人はいませんでした。)
来月は豆色紙だよー。
いやー、充実の1週間!《*≧∀≦》
明日からしばらくこもって製作に入ります。
こんなかんじで1週間おきに教室、製作、といったパターンで活動しております。

春一番が吹いて


第一月曜日は二つ教室をもってます。
午前中は花野井の東急ビレッジ内「はなみずき」。
ここはサークルの顧問?というかたちで
運営はここの地域の方が自主的にやってくださっています。
みんな近所の仲良しさんなので
わいわいと楽しい雰囲気。

午後のクラスはすぐ近くの松葉町。
もともとは坪ショップのような手作りのものを売るお店の中でやっていた教室ですが
いまはお店はお休み中。
店主のご自宅でお茶やお菓子をつまみつつ
楽しく絵を描いております。
お菓子食べながら描けるのはここだけだな~www
(ここは第三月曜も開催。月2です)

これは店主のMさんが育てていらっしゃる苔玉ちゃん。
苔玉でこんなに見事にお花を咲かせられるなんて!!!



苔玉に蘭 スケッチ(F4 水彩)


今日はとても悲しいことがありました。
この松葉町の教室にいらしていた生徒さんのひとりが亡くなられたのです。

彼女はがんを克服したものの不整脈があり
病院通いが欠かせなくなってましたが
心がとても強い方で
愚痴や弱音などは全く口にしませんでした。
詩をたしなみ
洋裁も編み物もされ
70を過ぎてからピアノを習い始め
私の教室ではパステル画を描いてました。
いつも自作の素敵なお洋服をまとい
可愛い手編みの帽子をかぶっていらっしゃいました。
物静かでしたが芯の強さがあって
絵も粘り強く最後まで仕上げてきました。
出来上がった絵はやさしくなんともいえない味わいがあります。

教室後にみんなでご挨拶に伺いました。
お通夜が始まる前でしたがご主人ともお話できました。

夜中の3時ににこにこと起きてきたので
2人で1時間ほどお話をされたのだそうです。
そしてもう遅いからそろそろ寝よう、と言って布団に入り
翌朝起きたらすでに冷たくなっていたそうです。
身の回りはきちんと整理されていたとのこと。
なんとすばらしい最期。
常々彼女のように年を重ねたいと思っていましたが
最期も本当にうらやましいようなものでした。
お顔も先月お教室にみえてからぜんぜん変わっていなくて
いまにも起きだしそうでした。
玄関には彼女のパステル画が2つ飾ってあり
少しは人生を楽しくするお役に立てたのかなあ、としみじみ眺めました。

お宅を出ると吹き荒れていた春一番はぴたりとやんでいて
綺麗な夕焼けが欅並木をくっきりと浮かび上がらせていました。

2月22日のミニ水彩画教室参加者募集中!

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

炎のように


クリスマス近くなると買いたくなるのがこの花!

でも年末は高いのよね~。
年が明けると下がるんだけど・・・・



シクラメンのスケッチ(F4 水彩)

そんなわけで年末はぐっと我慢して
ちいさなガーデンシクラメンを2鉢買いました。
毎晩ぷちぷちでくるんであげてるので
まだきれいに咲いてるよ!

大きい鉢は紫のがほしくて
年明けを狙ってましたが
お正月家にこもっている間に忘れてしまって
まだ買いに行ってません。
まだあるかなあ・・・

この燃えるような赤のシクラメンは
昨日アップしたハヤトウリのある
松葉町の教室のオーナーさんが育てているもの。
さすが、上手です。
花がいっぱいついていて
葉っぱもとてもきれい!

こうしてみると
オーソドックスな赤いシクラメンもよいものね。
炎みたいで素敵。
お店に行くとついつい新品種に目が奪われるけれど。

シクラメン

学名: Cyclamen persicum
科名:サクラソウ科シクラメン属
別名:カガリビバナ、ブタノマンジュウ
花期:10月~3月
原産地:地中海沿岸、ギリシャからチュニジアにかけて原種が自生。

塊茎の澱粉を注目され、サポニン配糖体シクラミン(Cyclamin)を含む有毒にもかかわらず
「アルプスのスミレ」などの美称があり、食用とされていた。
しかし、大航海時代以後ジャガイモがもたらされると
シクラメンを食用にする習慣はなくなった。

草花好きだったソロモン王が王冠に何か花のデザインを取り入れようと思い
様々な花と交渉するが断られ、唯一承諾してくれたシクラメンに感謝すると
シクラメンはそれまで上を向いていたのを
恥ずかしさと嬉しさのあまりにうつむいてしまった、という伝説がある。

日本には明治時代に伝わった。

花言葉:「遠慮」「気後れ」「内気」「はにかみ」
    赤いシクラメン:「嫉妬」

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

冬に咲く


教室によりますが
多くの教室では私がモチーフを用意します。
お花が多いのですが
なるべくならお花屋さんの整ったお花ではなく
ワイルドなものを用意したいなと思ってます。

だれが植えたかはわかりませんが
道端にあったこの山茶花に前から目をつけていて
咲くのを待ってました。
絡まったつる草をよけてちょきん!
みんなと一緒に描きました♪



山茶花のスケッチ(F4 水彩)

こういう斑の入った花びらを
どう描いたらいいんですか?という質問を受けますが
これはね~、コツコツ描くしかないです。www

花びらひとつひとつ違うんですよね、斑の入り方が。
それを丁寧に追ってあげると花びらの形だけではなく
めくれ方や柔らかさまで表現できます。
大事なことは全体を見ながら強弱をつけて
全部同じ色、同じ強さで描くと平板になります。

これから椿が咲きますね。
椿もいろいろありますから
斑入りにもぜひ挑戦してみてくださいね~。

サザンカ(山茶花)

学名: Camellia sasanqua
科名:ツバキ科ツバキ属
花期: 10月~12月
原産地:本州の山口県、四国、九州、沖縄

日本原産の常緑性の低木で、温暖な本州の以南の地域に生えている。
江戸時代から庭木として広く利用されてきた。
中国でツバキ科の植物を指す「山茶(さんさ)」が名前の語源で、
この漢字の読み方が「サンサカ」と訛って、
次第にサザンカという読み方が定着していったとされている。

花言葉:「困難に打ち克つ」「ひたむきさ」「理想の恋」

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

メリークリスマス!


ふと気がつくと
すっかりクリスマス。

子供の頃はあんなにわくわくしたのに
どうしたことでしょう?
今は甥っ子にプレゼントをあげるくらいしか
楽しみないもんね~。

せっかくなので
ちょっとだけクリスマスっぽいスケッチを。



クリスマスホーリーのスケッチ(F4 水彩)


可愛い実ですよね。
クリスマスホーリーっていうんですって。

あれ?
地味?

ではこちらで。



冬の花々のスケッチ(F4 水彩)


第一第三月曜日の午後のお教室は
松葉町にある主催者のご自宅でやってるのですが
そちらのお庭の花々&実です。
八重咲きの椿と終わりがけの菊
クリスマスホーリーとピラカンサス。
華やかでしょ?
和風クリスマス?

赤と緑と白があるとなぜかクリスマスっぽいですね。
商業的に作られたイメージかもしれませんけど
ちょっと楽しくなります♪

クリスマスシュトーレンは焼いたし
ケーキも焼いた。
あとは肉~!!
チキンかなあ、やっぱり♪

明日のイブは寒くなるみたいです。
皆様、暖かくしておすごしくださいね。
よいクリスマスを!

連日のお知らせですが
カレンダー、残りわずかとなりました。

ところで!!
注文したのに届いてないよ、という方
もしくは数がちがうよ!という方
ご連絡をおねがいいたします!!

もうね、私のやることなんで
ソツだらけ!なんです・・・><
申し訳ありません・・・
ご連絡した方には数日内に届くと思いますので
しばしおまちくださいませ。

A4サイズ。
1部¥2,300-で販売中です。
ご希望の方、まだ間に合います!
こちらからお申し込みください。

柏のいしど画材さんと
江戸川台のテルミー美容室さん
同じく江戸川台のわっ嘉さんでも置かせていただいています。

そちらもどうぞごひいきに~。

セイヨウヒイラギ(西洋柊)

学名: Ilex aquifolium
科名:モチノキ科モチノキ属
別名:セイヨウヒイラギモチ クリスマスホーリー
原産地:ヨーロッパ西部・南部、アフリカ北西部、アジア南西部

雌雄異株。
果実は径6-10mmの核果で赤く熟し、4個の種子を含む。
晩秋に熟すが、非常に苦いので冬の間も鳥に食べられることは少ない。
常緑で真冬に目立つ赤い実をつけることから、ヨーロッパではキリスト教以前にも聖木とされた。
また古代ローマではサトゥルヌスの木とされ、サートゥルナーリア祭(農神祭)で
知り合いへの贈り物と一緒にセイヨウヒイラギの枝を添え渡していた。
キリスト教では、キリストの足元から初めて生えた植物とされる。
また、トゲトゲの葉や赤い実はキリストの流した血と苦悩を表す。
そこから別名「キリストの刺」「聖なる木」とも呼ばれる。
さらに花はミルクのように白いためキリストの生誕と結びつき
樹皮は苦いのでキリストの受難を表すとされる。

花言葉:「将来の見通し」「神を信じます」

私、木下美香についてはこちらにいろいろ!
よろしくね♪

雪が降って


最近の天気予報、当たるものですね~!
まさかの関東大雪!

テンション上がる~~!
ふぅう~!!

4年生になった甥っ子Bくんも同じらしく
学校から帰るなり
ランドセルを下ろすのももどかしく
私の使っていたスコップを取り上げて雪かきを始めました。
彼の場合は雪かき、というよりは
あこがれのカマクラを作りたくて
雪集め、といったかんじです。
お友達がゲームをしに来てくれたのに
ゲーム機を渡したなり
雪降る外に飛び出してまたスコップをにぎります。
夕食のあと、朝学校に行く前も雪集め。

がんばった結果、子供一人入れるくらいのカマクラが
今日できました。(^ ^)

うちは大人もテンションが上がります。
カメラやスケッチブックを持って
寒いなか雪の結晶を撮ろうとしたり
雪景色をスケッチしたり

・・・個展の準備がさらに遅れる・・・・><



雪椿(F4水彩)


手がかじかむので
なるべく手早く仕上げました。
雪の白は紙の色。
つまり塗り残しです。

塗り残しで雪を表現といえば・・・

先日の日曜日の「美の巨人たち」に妹の木下千春が出ました!!!

うちに取材が来てたので出るのは知ってたのですが
あんまり映らないかもしれないし・・・みたいなことを言われてたので
皆さんにお知らせしてなかったのです。

けど

めっちゃ映ってるYO!

彼女のスキルを遺憾なく発揮しております。
再放送が2月7日、BSJAPAN 夜11:00~11:30にありますので
よかったら観てやってください!
円山応挙の回です。

応挙独自の雪の表現、当時誰もしていなかった斬新な手法を再現。
現代の私たちにも参考になると思います。

さてさて個展の準備ですが
あいかわらずぎゅうぎゅうです。
やりたいこといっぱいで追いつかない感じ。
作品写真を撮ったらこちらで少しずつ
ご案内していきますね。

木下美香 個展
ギャラリーオカベにて2018年3月5日(月)~10日(土)
*詳細は後日!*

ツバキ(椿、海柘榴)
学名:Camellia japonica
科名:ツバキ科ツバキ属
開花期:冬~春
原産地:日本。
分布:日本では本州、四国、九州、南西諸島。国外では朝鮮半島南部と台湾。

和名の「つばき」は、厚葉樹(あつばき)、または艶葉樹(つやばき)が訛った物とされている。
日本では733年『出雲風土記』にすでに椿が用いられている。
中国では隋の王朝の第2代皇帝煬帝の詩の中で椿が「海榴」もしくは「海石榴」として出てくる。
海という言葉からもわかるように、海を越えてきたもの、日本からきたものを意味していると考えられる。
しかしながら、海石榴と呼ばれた植物が本当に椿であったのかは国際的には認められていない。
中国において、ツバキは主に「山茶」と書き表されている。
花が美しく利用価値も高いので、『万葉集』の頃からよく知られたが、特に近世に茶花として好まれ、
多くの園芸品種が作られた。
17世紀にオランダ商館員のエンゲルベルト・ケンペルがその著書で初めてこの花を欧州に紹介した。
後に、18世紀にイエズス会の助修士で植物学に造詣の深かったゲオルク・ヨーゼフ・カメルは
フィリピンでこの花の種を入手してヨーロッパに紹介した。
カール・フォン・リンネがこのカメルにちなんで、椿にカメルという名前をつけ、
ケンペルの記載に基づきジャポニカの名前をつけた。
19世紀には園芸植物として流行し、『椿姫』にも主人公の好きな花として登場する。

花言葉:(赤いツバキ)「控えめな素晴らしさ」「気取らない優美さ」「謙虚な美徳」

絵手紙教室、描き初めです。


長く取らせていただいていた暮れとお正月のお休みも先週の半ばで終わり
ようやく教室も始まりました。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

私は3月の個展に向けての制作ですっかり引きこもり。

いつもなら海でもスケッチしにいこうか、とか
いつもの仲間と山登り!とか
楽しい行事があるのですが
どこにも行かず、ひたすらおうちですごしておりました。

それはそれで楽しいのですが
やっぱり教室もよいね!

久しぶりに自転車通勤したらとっても気持ちよいし!

今の季節はお庭にお花がないので
モチーフはお花屋さんのお花です。
(野菜も高いし!!!)

今の時期はお花屋さんのお花、よいですね。
まだ来ぬ春を髣髴とさせてくれます。
寒いから長持ちするし。

そしてお買い得なことも。
これはめっちゃ安かった!
5本で200円・・・

お正月用の売れ残りかもしれません。
とっても立派な菊です♪



菊(F4水彩)


束でなんぼの菊と違って
葉っぱもきれいだし
なんといっても花が美しい。
大切に育てられたものとお見受けします。
この花びらを描いてる時が至福♪

これと慶應桜と猫柳、雪柳をもっていくのが明日の絵手紙教室
二つ折りの色紙に描きます。
一見難しそうに見えますが
ちっちゃなハガキに収めるよりのびのび描けていいもんですよ♪

描き初め、いかがですか?

当日のお席も残ってます。
午後のほうが空いてるかな。

お申し込み、お問い合わせはいしど画材さんまで!

TEL : 04-7167-1410

FAX : 04-7167-6415

お待ちしてまーす!

赤い椿はよい椿


新年早々 
久しぶりに帰ってきた弟に庭の椿の剪定を頼む。
この椿は祖母の代から植わってたので
けっこう大きい。
上のほうを切らないと電線に触れるし
横もコンパクトにしないとお隣に張り出してしまう。

私のお教室の生徒さんは何度も描いたよね
この赤い椿。
やぶ椿かな、と思うのだけれど
お花が大きくて、咲く期間も長くて
かなり優秀。

せっかくのお花も随分と切ってしまった。
また蕾がついてくれるとよいけれど。



椿(F4水彩)


お正月は個展の準備!
とはりきっているのだけれど
思うように進まないのが絵だよね。
理想ばかりが空回り。

命の儚さ(それゆえの美しさ)
瞬間の美
そんなものを捉まえたいのです。

ツバキ(椿、海柘榴)
学名:Camellia japonica
科名:ツバキ科ツバキ属
開花期:冬~春
原産地:日本。
分布:日本では本州、四国、九州、南西諸島。国外では朝鮮半島南部と台湾。

和名の「つばき」は、厚葉樹(あつばき)、または艶葉樹(つやばき)が訛った物とされている。
日本では733年『出雲風土記』にすでに椿が用いられている。
中国では隋の王朝の第2代皇帝煬帝の詩の中で椿が「海榴」もしくは「海石榴」として出てくる。
海という言葉からもわかるように、海を越えてきたもの、日本からきたものを意味していると考えられる。
しかしながら、海石榴と呼ばれた植物が本当に椿であったのかは国際的には認められていない。
中国において、ツバキは主に「山茶」と書き表されている。
花が美しく利用価値も高いので、『万葉集』の頃からよく知られたが、特に近世に茶花として好まれ、
多くの園芸品種が作られた。
17世紀にオランダ商館員のエンゲルベルト・ケンペルがその著書で初めてこの花を欧州に紹介した。
後に、18世紀にイエズス会の助修士で植物学に造詣の深かったゲオルク・ヨーゼフ・カメルは
フィリピンでこの花の種を入手してヨーロッパに紹介した。
カール・フォン・リンネがこのカメルにちなんで、椿にカメルという名前をつけ、
ケンペルの記載に基づきジャポニカの名前をつけた。
19世紀には園芸植物として流行し、『椿姫』にも主人公の好きな花として登場する。

花言葉:(赤いツバキ)「控えめな素晴らしさ」「気取らない優美さ」「謙虚な美徳」

聖花、咲きました!


あけましておめでとうございます。
描き初めに選んだのは
大事に大事にお姫様扱いして育てた
セントポーリア。

昨年の4月後半の平左衛門さんでの個展の際に
たまたまいらした方に
キリスト教の3聖花は
薔薇、百合、すみれ だということ
その中のすみれは普通のすみれではなく
アフリカスミレなのだと聞き
「アフリカスミレってどんな花なんですか?」
と伺った翌日にわざわざ買ってきてくださったもの。

セントポーリアのことか~!!!

セントポーリアといえば
昔、お花屋さんでパート勤めをしていたころ
売り場の詳しい方に
この花は雨に当ててもだめ
直射日光もだめ
水のあげすぎもだめ
もちろん全く水をあげないわけにも
日に当てないわけにもいかない
カーテン越しのやわらかな光くらい。
好きな方は専用のライトと温室を持っていて
大事に大事に育てている、と聞いた。

せ、専用ライト!
いったい自然界ではどんな環境で育ってるんだろう?
かわいいとはおもったけれど育てられるような気がしなくて
一度も買ったことがなかった。

けれどいただいたからには育てなければ!

水遣りはからからに乾いてから
葉や茎に水をかけないようにやり
部屋の直射日光の当たらない
でも明るい場所におき
こまめに液肥をあげて
大切に育ててきた。

そしたらちゃーんと応えてくれるのね。
見て見て~!!



セントポーリア(F4水彩)


まだまだたくさん蕾もついているので
しばらく楽しめそうです♪

新年早々聖なるお花!いいことありそうでしょ?

見てくださってるみなさまにもきっといいことありますよ。
どうぞよいお年を!
今年もよろしくお願いいたします。

セントポーリア
学名:Saintpaulia
科名:イワタバコ科アフリカスミレ属
別名:アフリカスミレ
原産地:ケニア南部とタンザニア北部の山地
渡来時期:1970年代からラプソディ種が販売され、人気を集めた。

ケニア南部とタンザニア北部の山地に20種が知られている。
他の多くのイワタバコ科植物と同様に主として冷涼な日陰、多湿の環境を好み
渓谷沿いの断崖の湿った岩壁や、熱帯雨林の苔むした樹木に着生する。

花言葉:「小さな愛」