祈りの日


あの大地震から2年。
停電もACのコマーシャルばかりのテレビも
もうずいぶん前のことのように
すっかりもとどおり。
けれどほんとは何にも進んでいなくて
まだ避難生活しているひとはたくさんいて
瓦礫の山もかたづいていなくて
原発は今にも崩れそうなようすで
放射能を垂れ流し続けている。
現実をみるのはつらい。
悲しむ人をみるのはつらい。
津波にながされたたくさんの人たちのことを考えるのはつらい。

なんにもできないけれど
せめて目をそらさずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です